• モンゴル800ワッターワンダフルワールド

    台風で開催が危ぶまれたのですが、
    なんとか開催出来ました!!

    ギターのタカシ君が宗像堂のパンを気に入ってくれていて、普段からよく来店してくれています。

    読谷村のホテルアリビラの隣の大きな海沿いの原っぱがフェス会場。
    両端にハブステージとマングースステージがあり、ハブが終わったら次はマングースへどどどっと人が砂煙の中移動。途中には飲食店のブース、物販ブース。介護班ブースも。
    あえて動き回らずに草の上にゆっくり座ってビールを飲みながら聞こえてくる音楽を楽しんでいる人達もいました。
    台風が無ければ、キャンプサイトも盛り上がった事でしょうね。

    ステージ裏のそれぞれのバンドの楽屋(プレハブ)が並んだ真ん中に、
    アーチスト達が食事をしたり、歓談したり、ドリンクを飲んだり、くつろいだりするための、テーブルと椅子が用意されている広いテントスペースがあって、宗像堂はそこにテーブルひとつの出店でした。
    出店と言ってもアーチストの方々にパンをスライスしてあげたり、ちょっとした説明をしたり、宗像堂ブレンドコーヒーを手渡したりというお仕事です。

    他にもモンパチのメンバーの好きなお店や、タカシ君のお父さんからのプレゼントの海ブドウなどあって、アーチスト達をモンパチがもてなす感満載の、とても和やかな雰囲気です。

    今回、エゴラッピンのボーカルよっちゃんが美味しいと、リピーターで食べに来てくださいました。スカパラのトロンボーンの北原さんがパンやカトルカールをつまみつつコーヒーを何度もおかわり。トランペットのNARGOさんもパンをしっかり味わってくださいました。
    スカパラはこれからアメリカメキシコツアー、インドネシアのフェスにも参加されるそうです。キレキレのカッコいいステージ、何処でも盛り上げること間違い無しですね。

    そして、加山さんもバンドで出てらしたのですが、バゲットを見つけてこのくらい(4センチ)ちょうだいと。。
    77歳、ステージもとても盛り上がっていました。
    小田さんは黒糖シナモンロールとコーヒーを。初回のフェスの際にバゲットを褒めていただいてとても嬉しかったんです!とお礼も言えました。小田さんのステージ、若い子達も真剣に見てました。最後のモンパチのステージには、たくさんの人人、人。笑いとちょっぴりの涙。そして月。

    開催が危ぶまれただけに、モンパチのメンバーも感動ひとしお。
    スタッフはどれだけ頭を巡らせ、身体を動かしただろう。
    あの強風の中、事故も無く、無事に終えることが出来て本当によかった!!

    モンパチ最高!!
    これからも応援して行きまーす!

    個人的にモンパチのゲストダンサーの粒マスタードアシミネさんが気になって気になってYouTubeで見てさらにファンに!チェックしてみてください。

    IMG_3917.JPG