• ミナ ペルホネン plus 宗像堂

    ミナ ペルホネン plus 宗像堂
    ミナムナパンバッグ

    ミナ ペルホネンのデザイナー、皆川明さんデザインの宗像堂パンバッグを販売することになりました。

    麻地に宗像堂のパンを表したシンプルでどこかかわいらしいデザインです。

    重量感のある角食パンや、長さのあるバゲット、黒糖あんぱんやバナナコクルレ、宗像堂ブレンドの珈琲豆も!
    たっぷり入れて、肩にかけても、手に提げても使えます。

    底39cm高さ64cm

    店頭にて販売。
    5月26日月曜10時より
    3000円
    (税込3240円)

    通販も致します。
    パンとセットで
    6500円(送料、税込み)

    お申し込みは
    宗像堂通販サイトから。
    専用フォームがまだありませんので、
    3000円おまかせセットから
    入って、パンバッグセット希望と明記してください。
    折り返しメールにて
    金額とお届け日などお知らせ致します。
    (必ずパンバッグセット希望と明記してください)
    FAX、お電話でも受け付けます。

    ミナペルホネンとの出会い

    長いつきあいの友人、田原あゆみさんの経営する沖縄市のギャラリー、Shokaにて皆川明さんと出会った。

    自己紹介がてら持参した宗像堂のパン。
    「僕、宗像堂さんのこと存知あげていますよ。」
    皆川さんは紙袋からいちぢくとくるみのパンを取り出し、このパンは?と説明を求めた。またひとつ取り出し、このパンは?そして、ひとつひとつのパンの説明に、笑顔で頷きながらも、そのパンを目を細めてよく観察してから袋に収めていった。
    なんとも幸福感溢れる出会いだった。

    テキスタイルもさることながら、総合的な意味においてミナ ペルホネンの服は面白い。僕に 服というものが持つ新しい一面を見せてくれた。

    着ている女性が
    『とても大切にされている』ように感じるのだ。

    そして想像する。
    ミナの洋服がつまったタンスの持ち主が、おばあさんだとしよう。
    きっと素晴らしい人生を送っているのに違い無いのだ。

    皆川明さんは宗像堂のパンを指してこう言う。

    「素朴でありながら、なんて贅沢なパンなのだろう。」

    舌先の派手さを排し、作り手の体温をそのまま感じられるパンが作りたいという思いが通じたのだろうか。

    触れた人を大切に、そして少しの幸せをお届け出来たなら、どんなに素敵なことだろう。

    宗像誉支夫

    20140524-130746-47266970.jpg

    20140524-131334-47614280.jpg