• 映画『100年ごはん』✖︎西邨マユミマクロビ料理で沖縄上映会

    11月29日日曜

    ザ ブセナテラスにて

    11時半オープン

    12時スタートで、映画の上映

    大分県臼杵市が市をあげて取り組む無農薬農業への取り組みを撮ったドキュメンタリー。今を生きるワタシから100年後を生きるアナタへの手紙が物語を紡ぎます。

    見終わった後に美味しいお野菜がもりもり食べたくなります!

    上映終了後、ホテル内で場所をレストランに移動して映画に登場した大分県臼杵市の無農薬野菜と沖縄の野菜を使ったマクロビ料理をいただきます。

    マドンナのプライベートシェフをマクロビで10年間していた西邨マユミさんのお料理。マドンナが自宅で食べていたようにコースでお出しします。

    映画のこと、食のこと、映画監督の大林千茱萸さんと西邨マユミさんのお話しを聴きましょう。

    お二人の本の販売やDVDの申し込みもあります。

    映画に出て来る臼杵市で作られた堆肥をひとつかみおみやげにいただいて帰ります。

    終了は16時予定。

    料金は10000円(税別)

    ご入金をもってのお申し込みとさせていただきます。

    宗像堂まで直接どうぞ。

    この映画の上映会自体は昨年、沖縄では9カ所、色々なカフェやてぃるるなどでも上映して来ました。今年は3月に浦添市の結の街でも上映。その度に、美味しい臼杵市のお野菜とのコラボの食事やスムージー、お弁当など、必ず皆さんに映画に出て来るお野菜を食べていただき、監督とカフェのオーナーや、生産者さん、那覇市議、臼杵市の元市長、市議会議長などのトークセッションを行って来ました。

    今年の5月にミナペルホネンの20周年展示で東京に出向いた際に、宗像堂の壁画の作者沢田としきさんの奥さんでデザイナーの沢田節子さんが、大林監督と宗像堂と西邨さんを繋いでくださいました。アラスカ在住の西邨さんがたまたま来日していて、私達と下北沢に集合!!で、ギュギュっと縁が繋がったのでした。

    今回はプラザハウスの平良社長にも多大なるご尽力をいただき、開催の運びになりました。

    限定80席。

    どうぞよろしくお願い致します。