• ムラサキカタバミ

    こども達がまだまだ小さかった頃、スッパイマンと名前を付けて、引っこ抜いてその酸っぱい茎の部分をかじかじしていた。

    たくさんたくさん摘んで花束にして、プレゼントしてくれたり、石のお金で販売もしてくれた。

    ムラサキカタバミ。
    なんと江戸時代末頃に日本に輸入され、爆発的に広まったそう。

    農家さんにとってはどんどん増える困った雑草。

    ちらし寿司に、ハートの形の葉っぱと、お花をパラパラと散らすと、彩りもかわいいし、食べられますよ!

    宗像堂の庭には、
    このカタバミと、リュウキュウスミレ、タンポポも咲いています。
    見つけてみてください。
    そして、カタバミかじかじ。。。

    20140311-122746.jpg